5月3日 憲法記念日講演会


イベントのチラシを作成しました。

今年のリベラル日本研究会主催「憲法記念日講演会」は政府情報の公開をテーマに取り上げます。今年施行15周年を迎えるわが国の「情報公開法」は、制定時には先進的なものと言われましたが、多くの国々が法整備した今日、さまざまな点ですでに世界の趨勢に遅れをとっていると指摘される現実があります。外交安全保障はもちろんのこと、原子力の安全の問題、政治家の「口利き」に関する情報公開請求に役所が「記録はない」と回答した問題など「政府は何を記録し、それをどう公開しなければならないか」というルールづくり、また政府や政治家が情報公開についてどのようなカルチャーを身につけているかは私たちにとってきわめて重要な問題です。なぜなら「必要な政府情報にアクセスできないなら、憲法の定める国民主権なぞ絵に描いた餅」になってしまうからです。
今回、この問題についての第一人者である情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子氏を講師に迎え、聞き手の荻上チキさん(評論家・TBSラジオSession22)と共に「公文書管理法」「情報公開法」「特定秘密保護法」をひとつながりのものと捉え、政府情報公開の今日とこれからを整理し、展望します。また、保坂展人世田谷区長から「世田谷区における情報公開の取り組み」について聞きます。

第4回憲法記念日講演会
「公文書管理・情報公開・秘密保護法制の現在とこれから」

  • 5月3日(憲法記念日)
  • 13:15~16:00 北沢タウンホール(294席)
  • 参加費 999円
  • https://www.facebook.com/events/1093311484034864/
  • 講師 三木由希子氏(NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長)
  • 講師 保坂展人世田谷区長
  • 聞き手 荻上チキ氏(評論家・TBSラジオSession22)
  • 司会 佐藤あずさ八王子市議

主催 リベラル日本研究会(問合090-2163-1451 梁田やなだ)
https://www.facebook.com/liberal.society/?fref=nf

160313-kenpo

160328-kenpo-facebook